×

大悟&志村けん“冬の良い点”で意気投合 コタツでドキドキ、女性の足が…

[ 2019年8月11日 10:17 ]

お笑いコンビ「千鳥」の大悟
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「千鳥」の大悟(39)が6日深夜放送のフジテレビ「志村でナイト」(火曜深夜0・55)に出演。お笑いタレントの志村けん(69)と好きな季節の良い点を紹介し合い、冬にコタツに入るシチュエーションで意気投合する場面があった。

 四季の中では「冬が好き」と打ち明けた志村は「コタツに入って、ぬる燗で、姉ちゃんがいてさ…」とお気に入りのシチュエーションを挙げた。大悟は「それは酒とお姉ちゃんが好きなんですよ」とツッコミを入れつつ、「いい感じになるより、足がちょっと触れるぐらいの方がドキドキするもんですよね」と同調。さらに、コタツの中で、つま先でじゃれ合う仕草については「会話してるけど、内容は入ってこない。全部の意識が足の指に入ってるから」と笑いを交えながら語った。

 島育ちの大悟は、学校の授業でも海で泳ぐ機会も多かったことから、自身は“夏派”だと告白。岡山の水泳大会では、地元の代表として参加し「物心がついた時から泳いでるから、めちゃくちゃ早いんですよ。25メートルの競争だったら、全部うちの島のやつが勝つ」と胸を張った。だが、50メートル競争だと「全員プールでターンを覚えていないから、そこで溺れて負ける」と、対応が出来なかったことを振り返っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2019年8月11日のニュース