×

ABC特番にお笑い芸人集結 霜降り、ミキ、山里、徳井、フジモン…

[ 2019年8月11日 14:19 ]

ABCテレビの特番「多面LIFE応援バラエティー 霜降り明星&ミキ あしゅら!」に出演の(左から)「霜降り明星」のせいや、粗品、「ミキ」の亜生、昴生
Photo By 提供写真

 ABCテレビは12~15日(後11・52~)の「ナイトinナイト」枠で特番を放送する。

 12日は「霜降り明星」「ミキ」の2コンビの「多面LIFE応援バラエティー 霜降り明星&ミキ あしゅら!」。さまざまな「顔」をもち、個性を活かして活躍する人たちを、3つの顔を持つ阿修羅像になぞらえ“あしゅらさん”と呼び、マルチな活躍ぶりに密着する。「霜降り明星」の粗品(26)、せいや(26)、「ミキ」の亜生(31)、昴生(33)の気心知れた4人が軽妙トーク。昴生は「情報量が多すぎて…こんなん漫才にできるの?」と困惑する。

 13日は南海キャンディーズ・山里亮太(42)の「文化人×過酷ロケ 山里亮太のクイズ!?まさかのバーサーカー」。お笑い芸人がするような過酷ロケに文化人が挑戦したら、どんな潜在能力を発揮するのか。その過酷ロケのVTRからクイズを出題し、芸人たちが大喜利で解答するバラエティSP。「アタック25」のセットで芸人たちが大喜利大会。NHKの看板アナウンサーだった登坂淳一(48)、元官僚のコメンテーター・岸博幸(56)、戦場カメラマン・渡部陽一(46)が過酷ロケにチャレンジする。

 14日はチュートリアル・徳井義実(44)、又吉直樹(39)の「徳井・又吉の哀歌(エレジー)~人生どん底で聴いた曲~」。徳井扮するヨシミママと、常連客の又吉らがいるスナック「哀歌(エレジー)」に、とんでもない不運やどん底を味わった客が来店。壮絶な体験や、感じた思い、どんな歌を聴いてはい上がったのか?などをとことん聞き出していくトークバラエティ。無実の罪でメキシコで逮捕され、マフィアだらけの刑務所にぶちこまれた男らが登場する。

 15日は麒麟・川島明(40)、FUJIWARA・藤本敏史(49)の「発見!クレドCLUB」。「クレド」とは、企業活動や仕事の基準になる信条・価値観のことで、経営理念よりも具体的な行動指針となる。マーク・パンサー(49)のDJと、MCクレドこと見取り図・盛山晋太郎(33)のラップで様々なクレドを紹介し、ゲリラクイズを出題しては「ラップで答えて」とムチャブリする。川島、藤本らは番組冒頭から大混乱!?しかし、「新たなアイデアは“なんでやねん”に潜んでいる」や「あきらめないで、その想いをカタチにします」、「すべてにこだわる」など、紹介された5つの会社の素敵なクレドに一同は感嘆する。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2019年8月11日のニュース