橋本マナミ、オファーされた“愛人契約”の内容とは ハセキョー絶句

[ 2019年7月3日 11:12 ]

橋本マナミ
Photo By スポニチ

 タレントの橋本マナミ(34)が、2日放送の関西テレビ「グータンヌーボ2」(火曜深夜0・25)に出演。友人を介して持ち掛けられたという「愛人契約」の内容について明かした。

 7歳下から25歳年上まで、幅広い年齢層の男性との交際を経験してきたという橋本。セクシーさを前面に押し出した“愛人キャラ”の印象が強く、結婚が遠のいているという。

 実際に、愛人契約を持ちかけられた過去も。「友達伝いに。具体的に(契約内容を)出されるんです。“青山の高級マンションの最上階のワンフロアあげる”とか、“月100万円でどうですか?”とか」と振り返り、「男の本能というか。結婚して、旦那さんがこういうことをしていたらとか、そういう目でみてしまう」と男性不信に陥ったとも打ち明けた。

 橋本の告白を聞いた番組MCの女優・長谷川京子(40)は「すごいね」と驚きつつ「それは友達伝いに来るんだよね。紹介する友達も友達。そこで止めてほしいよね」と本音を口にした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年7月3日のニュース