ピエール瀧被告 執行猶予3年が確定

[ 2019年7月3日 05:30 ]

ピエール瀧被告
Photo By スポニチ

 麻薬取締法違反の罪に問われたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)に懲役1年6月、執行猶予3年を言い渡した東京地裁判決が3日午前0時、検察側、被告側ともに控訴期限の2日までに控訴せず確定した。

 判決によると、3月12日ごろ、東京都世田谷区のマンションでコカイン若干量を、丸めて筒状にした1000円札を使って鼻から吸引し使用した。瀧被告は判決後に「大変申し訳ない。二度とこのようなことを起こさないよう戒める」とのコメントを出した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年7月3日のニュース