千鳥・大悟 石橋貴明と初共演で泥酔&遅刻 スタッフから「5年前だったら死んどったぞ」

[ 2019年6月18日 09:34 ]

お笑いコンビ「千鳥」の大悟
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「千鳥」の大悟(39)が12日、ニッポン放送「佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)」(水曜深夜3・00)に出演。「とんねるず」の石橋貴明(57)との初共演で遅刻したエピソードを語った。

 この日、タレントのヒロミ(54)との初共演時に泥酔して遅刻した過去を明かしていた大悟。さらに石橋との初共演にも同じ醜態をさらしたといい「その時はさすがにスタッフが、『お前、5年前だったら死んどったぞ』って」と言われたと明かした。

 実は千鳥として初共演する1週間前に、大悟だけ石橋と仕事をする機会があり、その日は朝まで飲み明かしたそうだ。「『お前、酒好きだなぁ。お前、どうせ遅刻とかすんだろ?』みたいなノリがその時あったんで、それで(千鳥の)初絡みの時に遅れて行った時に『またお前飲んでたんだろ』になったんですよ」と、穏便に済んだ理由を話した。

 「奇跡なんですよ、本当」と大悟が言うと、相方のノブ(39)は「奇跡でとか美談で言ってますけど、待っとる俺(のこと)を考えろ」と突っ込み。それでも大悟は「もう、行った時の(ノブは)、ガリッガリになってんですよ、その1時間ぐらいで」と語って笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年6月18日のニュース