乃木坂46・斉藤優里 初写真集で水着とランジェリー姿に挑戦「ずごい恥ずかしいのかなと思ったけど…」

[ 2019年6月18日 19:10 ]

1st写真集「7秒のしあわせ」出版記念イベントに出席した乃木坂46の斉藤優里
Photo By スポニチ

 グループからの卒業を発表している乃木坂46の斉藤優里(25)が18日、都内で行われた、自身初の写真集「7秒のしあわせ」出版記念イベントに出席。イベント前に囲み取材に応じ、撮影エピソードや今後の活動について語った。

 撮影はバリ島で行われ、斉藤は「私の行きたいところ、全部ギュッと夢を叶えてもらったような作品になってます」と話し、「バリ島にずっと行きたくて、撮影スポットも自分でこういう場所に行きたいっていうのを提出して、行きたいって言った場所は全て叶えたもらいました」と撮影について振り返った。

 水着、ランジェリー姿などにもチャレンジしており「撮る前は、ずごい恥ずかしいのかなと思ったんですけど、いざ、撮るってなったらちゃんと綺麗なものを残さないと、と思ったので」と言い、「そこは、意外とスイッチの切り替えができたので恥ずかしいという気持ちよりは、綺麗に美しく撮ってもらいたいなという気持ちの方が勝ちました」とコメント。撮影に向けた身体づくりの話では「その時ちょうど、(乃木坂の)バースデーライブの期間だったので、うまくライブとの激しさで調整できました」と明かした。

 卒業については「6月中にはって感じです」と話し、「アイドルというお仕事が凄い楽しかったなって思える乃木坂46生活で、乃木坂っていうグループに入れて本当に良かったなと思いました。大好きです、メンバーのこともスタッフさんも」とグループ愛について熱く述べた。
 
 今後については芸能活動を続けると明言し、「洋服関係とかのお仕事に携われたらいいなとも思いますけど、いろんなことにチャレンジしたいです」と語った。

 最後は「いろんな表情も載ってますし、今まで見せたことのないような写真がたくさんつまっております。みなさん、たくさん見ていただければ、とってもうれしいです。大事にしてください!」と締めくくった。

 1期生として8年間活動した斉藤は5月26日、横浜アリーナで選抜メンバーによる単独公演に出演し、これが最後のステージとなった。

 同写真集はインドネシア・バリ島で多彩な表情を見せた、乃木坂メンバーとしては最初で最後の作品。斉藤自身がチョイスした数多くのインスタ映えスポットでの無邪気な様子、ビーチやプールでの撮影などバリエーションが豊富となっている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年6月18日のニュース