橋本マナミが明かした二股被害の結末は…「憎しみはあります。今でも恨んでます」

[ 2019年5月28日 10:09 ]

橋本マナミ
Photo By スポニチ

 女優の橋本マナミ(34)が24日放送の関西テレビ「快傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演し、過去の二股被害を告白した。

 橋本が数年前、友人らと女子会を開催し、恋愛話に花を咲かせていた時のこと。初対面だった友人の知り合いの恋愛トークを聞いていたところ、橋本が当時交際していた男性と特徴がそっくりだった。まさかと思いつつも「名字を聞いたら(彼氏と)一緒だった」。しかし、橋本は浮気であることを直感したものの、その場で「私も(その男性と)付き合ってる」と言い出すことができなかった。

 その男性は橋本に対して「忙しくて会えない」と言っていたにも関わらず、知らないうちにその女性と同棲をスタートしていたことも判明。橋本は「結局、そこで私は2番目だったんだって気付いた」のだという。上沼恵美子(64)から「その子は…べっぴんさん?」と問われた橋本は「きれいな方でした」。さらに「これは負けた、と思いました?」と聞かれると、「私も負けてないなと思った」と強気にコメント。2人は結局「いま、結婚されてる」のだという。

 衝撃の結末に「胸ぐらつかんだり、やらなかったの?」と上沼。橋本が引き下がったことを知ると「上品やね…」。言っても仕方ない、と男性を問いたださなかった橋本に対し、上沼は「美人てなんでそういう解釈するんやろう」と不満顔。ただ、「憎しみはあります。今でも恨んでます」と断言した橋本に対し、上沼は「そしたら何かいたずらに行きなさいよ」と突っ込んでスタジオを沸かせた。

 また、橋本は「かわいい~」が口癖の女性にイラっとすることも告白。服を褒められることもあるが「本当に気持ちがこもっていない」「自分が着ている服を褒めてって言ってるんだろうなって裏読みしちゃう」と“褒め待ち”をする女性に苦言を呈していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年5月28日のニュース