仮面女子・猪狩ともか 車いすでの生活への理解求める「ダラけていると思われてしまう」 

[ 2019年5月28日 16:10 ]

障がい者向け求人サービス「エラビバ」リリース発表会に出席した「仮面女子」の猪狩ともか(右)と元「仮面女子」の渋谷区議会議員の橋本ゆき氏
Photo By スポニチ

 「仮面女子」の猪狩ともか(27)が28日、都内で障がい者向け求人サービス「エラビバ」リリース発表会に出席した。猪狩は同サービスのスペシャル・アンバサダーに就任。「昨年の4月に事故で車いす生活になったということで、障害者側の意見も障害を持っていない方の意見もどちらの意見も分かる立場として、これから障害を持った方の暮らしがよくなていくよう頑張ります」と意気込みを語った。

 猪狩は2018年4月に東京都文京区の湯島聖堂の敷地内にあった案内板が強風で倒れた際に下敷きとなり、腰の骨を折るなどして病院に緊急搬送された。脊髄損傷の大けがを負い、両下肢まひとなったがリハビリを重ね、現在は車いす生活を送りながら、アイドル活動を続けている。

 また、この日は今年3月に「仮面女子」を卒業し、翌月渋谷区議会議員に初当選した橋本ゆき氏(26)が応援に駆け付けた。猪狩の事故をきっかけに議員を目指すことを決意した橋本氏。「いつかコラボしたいと思っていたけれど、こんなに早く顔を合わせられるとは」と喜んだ。猪狩は議員になった橋本氏と対面し、「急にセレブ感が出た。いままでと違って大人の美しい女性」と褒めた。

 車いす生活になってもアイドルを続ける猪狩の姿に「勇気づけられた」と話す橋本氏に対し、猪狩は「全然、自分ではそう思っていなくて」と微笑む。「でも私が表に出て何かを発信することで、“勇気がもらえました”とか同じ境遇の人にとって“希望になっています”とかたくさん温かい声を頂いて。人のためではなく、自分のために活動している気持ちでいたので自分のために動いていることが人のためになるのなら一石二鳥でいいな」と気負いはない。

 猪狩は車いす生活になってから、「前と同じスケジュールで活動するのは難しい。1時間だけでも横になる時間がほしい」とし、「体力面ではかなりキツい」と本音を吐露。障害のない人は、歩くことによって、下半身の血流を循環させるが、車いすの人にとっては、それができないため、脚にむくみが生じてしまう。「横になるというとダラけていると思われてしまう。障害のない人がちょっと座るのと同じことだとわかってもらえたら」と話した。

 橋本氏は猪狩とアイドル活動をしているときには遠慮なく「こういう時はどうなの?と聞いて、ボーダーがなくなっていく体験をした」と言うが、一般的には「遠慮してしまって、障害を持っている人はどういうことができて、どういうことができないのか、障害者側の発信が少ないのかもしれない」と意見を述べた。「できないこと、できることを聞くのは、好き嫌いではなく、アレルギーがあるかないか」を確認するのと同じだとし、「発信を工夫すれば変わってくるのではないか」とわかりやすく説明した。また、「障害者雇用は真剣に考え出すと答えが出ない」ので、「思いやりや優しさを取り除いて、テクノロジーで解決できる部分がある」と持論を展開した。

 年号が令和に変わり、挑戦していきたいことについて、猪狩は「体力づくりを頑張りたい」とし、「ワンマンライブが12月15日にあるので、そこでは5月1日の令和初日のときよりも1曲でも多く出演できたら」と目標を掲げた。橋本氏は「いままでの議員さんとは違った色物議員だとは我ながら思うので、だからこそできることというか。渋谷も変わったなと思ってもらえるよう、少しでも新しい風を吹かせたい」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年5月28日のニュース