左足首骨折のみやぞん 動画で元気アピール「全然大丈夫。今日も楽しく仕事しております」

[ 2019年5月28日 16:58 ]

お笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞん
Photo By スポニチ

 日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」のロケで左足首を骨折したお笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞん(34)が28日、自身のツイッターを更新。「全然大丈夫ですから心配しないでください」と動画でメッセージを寄せた。

 みやぞんは「大丈夫 元気ですよ」のコメントとともに、15秒の動画をアップ。屋外のベンチに座ったみやぞんは「みやぞんです!今日も楽しく仕事しております」といつも通りに明るく挨拶し、「何か、お騒がせしてすいません」とファンにメッセージ。続けて「足の方なんですけどね、全然大丈夫ですから心配しないでください」と左足をポンポンと叩き、右手で“グーサイン”を作って元気いっぱいにアピールした。

 最後は「今日も明るく楽しく、やるぞ~やるぞ~やるぞ~!みやぞんでした!イエーイ!!」と笑顔で動画を締めくくっている。

 みやぞんは5月24日、インドでのロケ中に走って木の板を踏んでジャンプし、火の輪をくぐる挑戦を敢行。その際、着地で左足首をひねったという。みやぞんはただちにロケを中止して病院で応急処置を受けた。27日に帰国し、あらためて国内で診察を受けたところ、左足首の左距骨の関節面から7ミリ程度の骨がかけており、骨折と診断された。痛みがひくまで1~2週間程度、約2カ月の治療期間を要する見込みだという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年5月28日のニュース