指原莉乃“らしく”「タンスのゲン」でアイドル業にピリオド 博多で「大感謝祭」

[ 2019年5月28日 22:04 ]

タモリのマネをして「笑っていいとも!」のテーマ曲を歌う指原莉乃
Photo By スポニチ

 4月28日にHKT48を卒業したタレント指原莉乃(26)が28日、グループの地元・マリンメッセ福岡で「指原莉乃11年ありがとう! 大感謝祭」を開催した。

 アイドル姿は、平成とともに横浜スタジアムで永遠に封印した。それでも、まだ故郷の九州のファンが待っている。だから、再びステージに立った。全29曲のコンサートでたっぷり魅せた。

 ただ、あくまでもタレント指原として歌った。ほとんどは、アイドル衣装は着ずに、最初から最後までロングスカートで通した。カラフルなアイドル衣装の後輩たちに交じって、ゲストで歌っているかのような演出に徹した。

 デビュー当時から順に、思い出深い楽曲を歌いつづった。9年前の第2回AKB48選抜総選挙シングル「ヘビーローテーション」では、1人にもかかわらず、ステージにずらりと並べたスタンドマイクの一番左端で歌った。当時19位だった立ち位置。「みなさんのおかげで、いつの間かメンバーのスタンドマイクを移動させることもなく、ここ(センター)で歌えるようになったんですよ」と、しみじみ言った。

 タモリのようにサングラスをかけて「笑っていいとも!」のテーマ曲を歌うなど、サービス精神満載の内容。アンコールでは「秋元(康)先生の謎のリクエストで」と、「川の流れのように」を、美空ひばりさんのような真紅のドレス姿でも歌った。

 ラストも、指原らしいユーモアさで締めた。「恋するフォーチュンクッキー」で大団円と思いきや、「これでHKTのメンバーと歌う…最後の歌になります」と、涙で声をつまらせながら、披露した曲は「タンスのゲン」。6年前の福岡の家具販売店のCM曲で、コミカルにオチをつけた。最後は「本当に本当に本当に11年間ありがとうございました~」と感謝を伝えて、ステージ最上段に置かれたタンスの引き出しにマイクをしまって、アイドル業に終止符を打った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年5月28日のニュース