華原朋美、45歳高齢出産へ 多様な輝き方を選べる「令和」

[ 2019年5月6日 10:15 ]

妊娠6カ月を公表した華原朋美は大きくなったおなかを愛おしそうに押さえた写真を公開
Photo By 提供写真

 【芸能覆面座談会】令和の時代が幕を開けました。芸能界では早速「令和婚」「令和出産」のおめでたいニュースが続出しています。令和第1回の座談会。いつものメンバーがニュースの裏側に迫ります。

 ワイドデスク お祝いムード一色となった令和への改元早々、芸能界も“記念婚”でにぎわったね。

 本紙デスク 日付が令和初日の5月1日に変わった瞬間に婚姻届を提出した「第1号」葉加瀬マイ(32)をはじめ松島花(29)、実力派女優の肘井美佳(36)ら続々と“令和婚”が明らかになった。

 週刊誌記者 芸能人はこういう、区切りのいいタイミングを好む傾向にあるよね。絶対多いと思っていたよ。

 リポーター 婚姻届を出す瞬間を直撃しようと、ある区役所に張り込んだけど、芸能人の姿は見つけられず。

 ワイドデスク 日付が変わる瞬間でなく、普通に日中に届けを出した人も多いと思う。

 本紙デスク その例が元AKB48の高橋みなみ。1日に結婚したことが発表されたけど、婚姻届を提出したのは午後3時すぎで、窓口に行ったのは代理人のマネジャーだった。

 週刊誌記者 これではたとえ、その場に居合わせても分からないよね。

 本紙デスク たかみなの場合は昨年末ごろから“令和婚”に照準を合わせていたようで、1カ月ほど前からひそかに関係者らにあいさつを済ませていたという。AKBの総合プロデューサー、秋元康氏(61)には保証人をお願いするなど、かなり用意周到だった。

 リポーター マークが強まるのは分かっていただろうに、やっぱり、めったにない大きな節目には強いこだわりがあったんだろうね。

 ワイドデスク 振り返ってみると、西暦2000年を迎えるタイミングの「ミレニアム婚」も多かったね。

 本紙デスク 日付が変わる瞬間の「芸能界第1号」だった山田邦子(58)をはじめフリーの寺田理恵子アナウンサー(57)がいたね。プロ野球・ヤクルト(当時)の石井一久投手(45)と結婚したフジテレビ(当時)の木佐彩子アナウンサー(47)も年明け間もなく婚約を発表した。

 リポーター 隠れ令和婚の芸能人、まだまだいるかもしれないですね。

 週刊誌記者 少し異色だが、華原朋美(44)の高齢妊娠のニュースにも驚かされたね。

 本紙デスク 個性に応じた、より多様な輝き方を選択できるのが来るべき令和の新時代。結婚だけでなく、改元を機に驚くような決断をする芸能人がもっと出てくるかもしれないね。  

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年5月6日のニュース