新ユニット発表の加護亜依 個人の仕事も「今まで通り」「彼女のペースで」所属事務所社長明かす

[ 2019年5月6日 13:15 ]

元「モーニング娘。」の加護亜依
Photo By スポニチ

 元「モーニング娘。」でタレントの加護亜依(31)の所属事務所代表であり、スポーツコメンテーター・中野浩一氏(63)の妻でタレントのNAOMIこと中野尚美氏(55)が6日、自身のブログを更新。5日に加護が新たにユニット「わたしとボクらの罪団」を結成したことを発表したことを受け、加護の個人の仕事について「彼女のペースで続いていきます」と補足した。

 中野氏は「ファンの皆さま始め マスコミの皆さまにもご心配、誤解を招いているようです。突然の『ご報告』になり すみません」と謝罪。「今まで通り 加護亜依、個人のお仕事は彼女のペースで続いていきますので ご心配なさらずに」と今後もユニット活動を同時に、加護個人の仕事も続けていくことを改めて報告。「今後も加護亜依を何卒よろしくお願い致します」と締めくくった。

 加護は5日に自身のブログを更新。「この度、予てより舞台・MV等でfeaturingしておりましたボクらの罪団と加護亜依企画・プロデュースによる新ユニット!!!“わたしとボクらの罪団”を結成致しました」とし、「奇妙なご縁で、彼らとはこの3年間 舞台や音楽を作ったりとエンターテイメントを共に創って参りました」としつつ、「特に何も考えていなかったのですが せっかくの奇妙なこのご縁を何か形にしたく この度ユニットを結成致します事をご了承下さい。新しい世界へ 私がしたいエンターテイメント始めます」とつづっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年5月6日のニュース