カトパン著書3度目重版へ 発行元「予想以上、10万部は確実」

[ 2019年5月6日 05:30 ]

加藤綾子の著書「会話は、とぎれていい」の表紙
Photo By スポニチ

 元フジテレビでフリーアナウンサーの加藤綾子(34)による初のビジネス書「会話は、とぎれていい 愛される48のヒント」(4月12日発売)が5日までに2度重版され、発行部数4万部を突破した。発行元の文響社によると、ゴールデンウイーク中も売れており、連休明けにも3度目の重版を行うという。同社は「予想以上の売れ行き。10万部は確実だと思います」とさらなるヒットを見込んでいる。

 同書は加藤がこれまで出会った著名人から得たコミュニケーションのヒントを紹介する内容。明石家さんま(63)タモリ(73)笑福亭鶴瓶(67)らのエピソードが盛り込まれており、購入者からは「大物著名人の方々と第一線でお仕事されてきた説得力のある著者だからこそ書ける内容」などの声が上がっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年5月6日のニュース