がん公表の堀ちえみへ“教官”風間杜夫が激励「今は、貴女が人生の教官」「必ず克服してほしい」

[ 2019年2月19日 13:17 ]

TBSドラマ「スチュワーデス物語」制作発表に出席した風間杜夫(左)と堀ちえみ
Photo By スポニチ

 タレントの堀ちえみ(52)が19日に自身のブログで、ステージ4の舌がんであることを公表したことを受け、1980年代の人気ドラマ「スチュワーデス物語」で共演した俳優・風間杜夫(69)がコメントを発表。冒頭には「堀ちえみ様」とつづり「今は、貴女が人生の教官です。病と闘って、必ず克服してほしい。強く負けないちえみちゃんを、僕に見せてほしい」などと激励の言葉を送った。

 スチュワーデス(客室乗務員)訓練生たちの青春をドキュメンタリータッチで描いた同作は、ハンサムな教官役を風間が、落ちこぼれだが芯の強い訓練生を堀が演じ、堀にとっての出世作になった。

 以下、風間のコメント全文。

堀ちえみ様

ちえみちゃんのブログを読んで、突然のことに驚きショックを受けました。

でも振り返れば、貴女は今までも様々な試練と闘ってきましたね。

そしてそのどんな時に会っても、変わらない優しい瞳と笑顔で、明るく接してくれました。

ブログには、貴女の冷静な判断や、ご家族への想い、病への闘志が満ちています。

いつの間にこんなに成長したのかと思うほど立派なあなたの姿に、涙が止まりません。

今は、貴女が人生の教官です。

病と闘って、必ず克服してほしい。

強く負けないちえみちゃんを、僕に見せて欲しい。

元気になったら、また笑顔で会いましょう。

風間杜夫

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年2月19日のニュース