だれよりも女優?田中みな実 初ベッドシーンで「バサっと脱いだら“早いです”って」

[ 2019年2月20日 01:52 ]

田中みな実
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの田中みな実(32)が19日、メインMCを務める関西テレビ「グータンヌーボ2」(火曜深夜0・25)に出演し、女優デビューしたドラマで先日、初ベッドシーンに挑戦したことを報告した。

 田中はオンエア中の連続ドラマ「絶対正義」(東海テレビ・フジテレビ系、土曜後11・40)で、「妻子ある男性と不倫関係にあり、苦悩や影を感じさせる」(プロデューサー)主要キャストとして本格的に女優デビューを果たしたところ。放送では、このドラマで共演中の山口紗弥加(39)、片瀬那奈(37)の女優2人と都内のレストランで待ち合わせした。

 このロケの前日、初めての「ベッドシーン」だったという田中「どうだった、どうだった」と身を乗り出す片瀬に、「ケロッとしてたよ」と山口が言うと「だってケロッとしてるしかないじゃん」と田中。相手役とは初対面。「お互いバスローブ着て、お願いしま〜す、と。恥ずかしがってもしょうがないと思って、とりあえずバサっと脱いだら『早いです』って」。

 キスシーンも初体験だった。「10代でもあるまいし、できませ〜んとピーチクパーチク言えないし、まあ、いいかと思ったんですけど。何も感じないチューがあるんだと思った。皮膚と皮膚が接触するだけで…」と感想を口にした。

 10代から女優を続けている2人は、ビジネスチューに「何も感じない」と淡々。「女優さんが男っぽいのはそういうことなんだと思った」と田中が納得すると、山口は「みな実ちゃんがだれよりも女優な気がする。だって田中みな実を上手に演じているもの」と分析した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年2月19日のニュース