弓月光氏 画業50周年記念原画展 5月24日から開催

[ 2019年2月20日 00:00 ]

「弓月光50周年プロジェクト」キービジュアル(C)弓月光/集英社
Photo By 提供写真

 「甘い生活」「みんなあげちゃう」「ボクの婚約者」などで知られる漫画家・弓月光氏の画業50周年を記念した原画展が、東京・池袋マルイで5月24日から開催される。

 1968年、「りぼん新人漫画賞」に凖入選してデビューし、昨年50周年を迎えた。「りぼん」「マーガレット」など少女漫画誌から始まり、少年誌「月刊少年ジャンプ」、青年誌「ヤングジャンプ」「グランドジャンプ」などへ活躍の場を広げ、エッチで楽しいラブコメを描き続けてきた弓月氏の50年を振り返る。活動初期も現在も、セクシーでカワイイ女の子を描く画力は変わらず高いレベルで、美しい原画は必見。

 弓月氏は「さほど波もなく過ぎた50年の足跡です。よろしかったらどうぞ」とコメントを寄せている。

 6月9日まで。入場料600円(税込み)。

 公式サイトはhttp://grandjump.shueisha.co.jp/amai/

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年2月19日のニュース