俳優の石橋雅史さん死去 85歳 「水戸黄門」「スーパー戦隊シリーズ」などで名悪役

[ 2018年12月22日 13:30 ]

亡くなった俳優の石橋雅史さん
Photo By 共同

 「水戸黄門」や特撮「スーパー戦隊シリーズ」などで名悪役として知られた俳優の石橋雅史(いしばし・まさし、本名・雅美=まさみ)さんが今月19日午前9時7分、心不全のため東京都三鷹市の病院で死去した。85歳。台湾生まれ、福岡県出身。葬儀・告別式は近親者で執り行う。喪主は妻曙美(あけみ)さん。21日、石橋さんのブログで発表された。

 家族が「石橋雅史は平成30年12月19日、午前9時7分、心不全により、その歩みを終えました。享年85歳」と報告。「『人生 今日もいのちがけ』『負けてたまるか』。文字では書いても、普段そういうことを口にすることは一切ありませんでした。黙って、ひたすら辛抱強く生きた人でした。これまで長い間応援していただき、本当に、本当にありがとうございます。眠りについたその顔はとても幸せそうでした」と明かされた。

 石橋さんは日大芸術学部演劇学科を卒業後、俳優の道に。空手家の顔も持ち、千葉真一(79)の主演映画「ボディーガード牙 必殺三角飛び」(1973年)「激突!殺人拳」(74年)などに出演し、アクションを披露した。

 「江戸捜査網」「大岡越前」「水戸黄門」などの時代劇のほか、「ジャッカー電撃隊」(77年)の鉄の爪(アイアンクロー)をはじめ、「バトルフィーバJ」(79年)「科学戦隊ダイナマン」(83年)「高速戦隊ターボレンジャー」(89年)「電影版 獣拳戦隊ゲキレンジャー」(2007年)と特撮「スーパー戦隊シリーズ」でも悪役を演じた。

 今年4月に感染症から約1カ月入院したことを明かし、10月26日が最後のブログに。「今年になって少しばかり体調を壊して足腰が弱り少しでも調子を取り戻さなければと、今月から意地を張って皆の生気をもらおうと道場に足を運んでいるのだが、どうしてどうして歳をとって衰えた足腰はそう簡単に戻ろうはずもなく悪戦苦闘」「八十六歳目の前の爺さん頑張っております」などとつづっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年12月22日のニュース