古舘伊知郎 息子・佑太郎の音楽活動は「絶対に反対しないが、絶対応援もしない」

[ 2018年12月22日 12:29 ]

古舘伊知郎
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの古舘伊知郎(64)が21日放送のTBS「A−Studio」(金曜後11・00)に出演。俳優で歌手の長男・古舘佑太郎(27)との距離感について語った。

 高校時代の佑太郎から、将来ミュージシャンになりたいとの夢を打ち明けられた際「音楽で売れるのは宝くじに当たるようなもの」といさめたものの「お父さんも、宝くじに当たるようなもんのアナウンサーになったんだから自分も音楽をやりたい」と返され、翻意。ただ「絶対に反対しない代わりに、絶対応援もしない」と決めて現在に至り、実際、佑太郎の所属事務所先も把握していないという。NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(2017年度上半期)に出演したことも知らず「(オンエアを見て)びっくりしました。本人も言わないもんだから」と打ち明けた。

 また、佑太郎のバンドは、「ダウンタウン」浜田雅功(55)の長男でベーシストのハマ・オカモトが所属する「OKAMOTO’S」とよきライバルで、交流もあるという。そんな中、「OKAMOTO’S」がブレークし、古舘のトーク番組にゲスト出演。盛り上がった様子を佑太郎にメールを通じて報告すると「はい、はい、ありがとうございました。せいぜい、そういった番組に出られるように僕らバンドも頑張りますよ」と返ってきたという。「普段はメールなんて無視するのに、皮肉で返してきて。これは、やる気がある証拠だなと思った」と振り返っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2018年12月22日のニュース