国分太一 リーダー城島のケガに「本当に大丈夫なのか?」心配したのは…

[ 2018年12月6日 08:12 ]

TOKIOの国分太一
Photo By スポニチ

 「TOKIO」の国分太一(44)が6日放送のTBS「ビビット」(月〜金曜前8・00)に生出演。日本テレビの正月特番「ウルトラマンDASH」(来年1月1日後6・00)の撮影で骨にひびが入るケガを負ったリーダーの城島茂(48)について言及した。

 国分は「『大丈夫だから、心配しないでくれ』とは言っていました」と城島との電話での会話を明かしつつ、「メンバーとも話をしたんですけど、『はしごで病院をはしごした』というダジャレが本当に大丈夫なのか?という心配だけだったので」と苦笑。「でも、今日には仕事復帰するみたいなので、すみません、ご心配おかけしました」と謝罪した。

 城島は本番で披露するはしごを使ったパフォーマンスの練習中、地面から高さ80センチの段に背中を打ち、背骨から左右に張り出した「腰椎横突起」にひびが入った。痛みがひくまで2週間ほどと診断された。城島は「まさか、はしごのパフォーマンスで、病院をはしごすることになるとは…。大したケガでもないのに、ご心配をおかけして申し訳ございません」とコメントを発表している。入院はせず、6日に仕事復帰する予定だ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年12月6日のニュース