TOKIO城島 日テレ正月特番収録で落下、腰椎にひび

[ 2018年12月6日 05:30 ]

日本テレビ社屋
Photo By スポニチ

 日本テレビは5日、TOKIOの城島茂(48)が4日に行われた同局の番組収録中に背中を打ち、骨にひびが入るケガを負ったことを発表し、謝罪した。

 番組は正月特番「ウルトラマンDASH」(来年1月1日後6・00)。城島は本番で披露するはしごを使ったパフォーマンスの練習をしていた。その際に地面から高さ80センチの段に背中を打ち、背骨から左右に張り出した「腰椎横突起」にひびが入った。痛みがひくまで2週間ほどと診断された。

 城島は「まさか、はしごのパフォーマンスで、病院をはしごすることになるとは…。大したケガでもないのに、ご心配をおかけして申し訳ございません」とコメント。入院はせず、6日に仕事復帰する予定だ。

 ▼松宮整形外科・松宮是哲院長 2週間は体を動かすだけでも痛いでしょう。絶対安静の必要はないが、コルセットをつけて生活することになります。周辺の筋肉の損傷もあり、細かい痛みまでが取れるのは1〜2カ月かかります。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年12月6日のニュース