M―1王者なのに…霜降り明星・せいやに“ダメ出し”「上沼恵美子さんも怒ると思いますよ」

[ 2018年12月6日 16:33 ]

パフォーマンス・バトルを繰り広げる(左から)ジャルジャル後藤淳平、福徳秀介、見取り図・盛山晋太郎、リリー、霜降り明星・せいや、粗品
Photo By スポニチ

 来年3月に劇場型文化集客施設「COOL JAPAN PARK OSAKA」TTホールで開かれるマッスルミュージカル「energy〜笑う筋肉〜」の概要発表会見が6日、大阪市内で開かれ、「M―1グランプリ2018」で優勝した霜降り明星と、ジャルジャル、見取り図のファイナリスト3組が登場した。

 マッスルミュージカルは歌や芝居で物語が進むのではなく「筋肉で音楽を奏でる」という作品。演出家の中村龍史氏(67)が作、演出、振り付けを担当する。この日は31人のパフォーマーがアースタップ(地面を踏みならす)、ボディスラップ(リズミカルに体の一部を叩く)、跳び箱などミュージカルの一部を披露。M―1出場3組でパフォーマンスバトルを繰り広げた。

 3組6人で見取り図・盛山晋太郎(32)が優勝。霜降り明星・せいや(26)がワーストプレーヤーに選ばれた。中村氏はせいやを「頭の中の神経が、体にうまくつながってないんです。(漫才の)いつもの動きは本能だと思います」と酷評し、会場は大爆笑。アトランタ五輪体操日本代表の田中光氏(46)から「動きが合ってなかった。やっぱり、上沼恵美子さんも怒ると思いますよ」と指摘され、「アースタップで(上沼さんに)怒られるんですか?」とせいやも苦笑い。女性パフォーマー全員を笑わせるという罰ゲームで大すべりし、「来んかったらよかった」と笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年12月6日のニュース