自分をモデルに!?渡辺満里奈 大ファン漫画家のイラストに感激「間違いありません」に「もう泣きそう」

[ 2018年10月28日 22:51 ]

タレントの渡辺満里奈
Photo By スポニチ

 タレントの渡辺満里奈(47)が28日、日本テレビ「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)に出演。大ファンを公言している漫画家・いくえみ綾氏(54)へのあふれる愛を語った。

 いくえみ氏は79年のデビュー。代表作に昨年ドラマ化された「あなたのことはそれほど」や、実写映画化された「潔く柔く(きよくやわく)」などがある。渡辺は10代の頃からいくえみ氏の大ファン。現在でも原画展に足を運ぶほど。

 渡辺は、18歳の時、別冊マーガレットでいくえみ氏の描いたイラストを見て衝撃を受けたという。長い髪の少女の立ち姿なのだが、その衣装は青い水着に白のタンクトップ。これは渡辺の出した写真集の1カットと酷似しており、本人は「私の写真集見てくれているはず」と、自分をモデルにしてくれたのでは?という期待を抱いていた。

 スタジオで改めてイラストと写真を見比べてみると、体の向きや髪の色などが違っており、「まったく写真通りに書いてあったと思ったら、ちょっと違った」と不安になる渡辺。しかし衣装はまったく一緒とあって、“渡辺満里奈モデル説”が一気に高まった。

 スタジオではいくえみ氏から渡辺に宛てた手紙を披露。そこには「ご質問の件ですが青い水着にタンクトップの満里奈さんが鮮烈に印象に残り、参考にして描いたことは間違いありません」との一文が。その瞬間、渡辺は「もう泣きそう」と感極まった様子。続けて「(10代の頃に)ファンだと言って頂いたこともあり、ちょっと調子に乗って書きました」と読み上げられ、今度ははにかんだ表情に。全文を聞き終えると「めっちゃうれしい。本当にうれしい!」と、満面の笑みを見せた。

 さらに、いくえみ氏から写真集の1ショットを参考にした描き下ろしイラストを贈られるとまたも涙。「家宝にします!」と、“いくえみ愛”をさらに高ぶらせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年10月28日のニュース