久松郁実、3年ぶり写真集で“大人”のカットに挑戦「ファンの方はびっくりされると思う」

[ 2018年10月28日 15:21 ]

セカンド写真集「LA」発売記念イベントを行った久松郁実
Photo By スポニチ

 モデルで女優の久松郁実(22)が28日、都内でセカンド写真集「LA」(講談社刊)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。

 久松にとって3年ぶりとなる同写真集は、初めて訪れたロスアンゼルスを舞台に、ビーチや荒野、ゴージャスな洋館などで撮影を行い、キュートな笑顔と艶っぽい表情のギャップや、まろやかさが加わったダイナマイトボディなど、オトナ可愛い魅力を収録。さらに、普段は見せないランジェリー姿に加え、ファン騒然の大胆SEXYにも初挑戦している。

 そんな写真集の見どころを聞かれた久松は「今までは元気なイメージのグラビアが多かったんですけど、今回はその雰囲気をガラリと変えて、大人っぽい私をたくさん見てもらいたいなと思ったので、テーマを“大人”にして撮影しました。満足いくものができたので120点です!」と胸を張り、事前打ち合わせにも参加したそうで「自分が着てみたいランジェリーや、挑戦してみたいカットなど、たくさん打ち合わせをして決めました。ランジェリーもいくつかあるんですけど、全部、素材感とか形が違っていて1つ1つ雰囲気が変わっているので、そこにも注目してほしいなって思います」と紹介。挑戦したカットの詳細を尋ねられると「それは見てからのお楽しみです」と照れ笑いを浮かべつつも、「今までになかったカットなので、ファンの方はびっくりされると思うんですけど、ぜひ見ていただきたいです」とアピールした。

 さらに、上半身の水着を外して胸をシャツやシーツで隠しているカットにも挑戦しているが、恥ずかしさはなかったか尋ねられると「いつもお世話になっているスタッフさんだったので抵抗はありませんでした。撮影は淡々と進みましたね」と堂々と答えた。なお、同写真集をまだ誰にも見せていないそうで「いつも私のグラビアをおばあちゃんがチェックしてくれているので、今度会ったときに感想を聞きたいなと思います。前作はハワイで撮影をしたんですけど、私よりもハワイの景色を見ていたので、今回は私を見てもらいたいですね(笑)」と笑顔を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年10月28日のニュース