佐野ひなこ小悪魔風ユニも元NBA選手「角がかわいい」「シューズがいいね」

[ 2018年10月28日 17:53 ]

「アンクルドリュー」B.LEAGUE サンロッカーズ渋谷コラボハロウィンイベントに登場した佐野ひなこ
Photo By スポニチ

 女優でモデルの佐野ひなこ(24)が28日、都内で開かれた映画「アンクルドリュー」(11月9日公開)B.LEAGUE サンロッカーズ渋谷コラボハロウィンイベントに、キュートな“小悪魔風バスケユニホーム”で登場した。

 同チーム所属の元NBAプレイヤーのロバート・サクレ選手(29)、ライアン・ケリー選手(27)も登場し、佐野が二人の間にはさまれると、サクレ選手が身長1メートル60の佐野に「小さい」と一言。身長2メートル10超の両選手と佐野の身長差は約50センチ。佐野の小悪魔スタイルをケリー選手は「角がかわいい」、サクレ選手は「シューズがいいね」と少し恥ずかしそうにほめた。

 「バスケットボールを持つのは高校以来、8年ぶりくらいかな」と話す佐野は二人の指導を受けて、ドリブルシュートに挑戦した。ケリー選手からは「1、2、3でシュート」、サクレ選手からは「シュートを放つ際、ひざとひじが糸か何かでつながっていることをイメージして、白い枠の上の角を狙うといいよ」とアドバイス。3回挑戦したがゴールならず。佐野は少し悔しそうな表情を浮かべていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年10月28日のニュース