松本人志 Youtuberデビュー梶原の“引退ルール”に疑問「やるならちゃんと」

[ 2018年10月28日 11:33 ]

「ダウンタウン」の松本人志
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)が28日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。1日にユーチューバーとしてデビューし、「2019年、年末までに登録者数100万人に行かなかった場合、芸人を引退したいと思います」と宣言したお笑いコンビ「キングコング」梶原雄太(38)について語った。

 この日のゲスト「南海キャンディーズ」山里亮太(41)はすでに梶原のYoutube動画に出演。「『新しい道を見つけた』って言ってきて、相変わらずキングコングは革命が好きだなって思ったんですけど。『助けてほしい。ここで初(の共演)として出てくれたら話題になる』って真摯にお願いされた」と出演の経緯を語った。

 松本は「ユーチューバーになっていく芸人は増えていくような気がする」と時代の流れを指摘した上で、登録者数100万人をクリアできなかった場合、芸人を引退するとルールを設定していることについて「そこが気になるけどね。100万人行かなかったらやめるとか、企画ものみたいなことはやめたらいい。やるならちゃんとやればいい」と私見を述べた。

 昨年6月に乗用車で自損事故、さらに同10月に人身事故を起こし無期限謹慎となり、24日に梶原のYoutube動画で芸能活動復帰した「インパルス」の堤下敦(41)について問われると、「嫌いですけど頑張ってほしいですね」と話して笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年10月28日のニュース