女優の角替和枝さん死去 「原発不明がん」とは

[ 2018年10月28日 11:01 ]

角替和枝さん(左)柄本明夫婦(2013年9月7日撮影、「第70回ベネチア国際映画祭」で)
Photo By スポニチ

 舞台、映画、ドラマなどで幅広く活躍した女優の角替和枝(つのがえ・かずえ、本名柄本和枝=えもと・かずえ)さんが27日に亡くなった。64歳だった。

 28日に夫で俳優の柄本明(69)が報道各社にファクスで「『原発不明癌』により旅立っていきました」と報告した。

 原発不明がんは、転移が判明しているものの十分な精密検査を行っても原発巣(がんが最初に発生した臓器)がはっきりと見つからない悪性腫瘍のことを指す。頻度はがん全体のうち1〜5%。原発不明がんの徴候や症状はさまざまで、がんが体のどこに広がっているかによって異なるため、特定の治療方法はないとされる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年10月28日のニュース