爆問・太田光、楽天ドラ2太田光に意味深エール「同じ名前で嫌な思いさせて…」

[ 2018年10月28日 19:43 ]

爆笑問題の太田光(左)と楽天からドラフト2位で指名された大商大の太田光
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(53)が28日、TBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」(日曜後1・00)に生出演。プロ野球ドラフト会議で楽天からドラフト2位で指名された“同姓同名”の大商大・太田光捕手(22)にエールを送った。

 大商大の太田光は「おおた・ひかる」で、「爆笑問題」の「おおた・ひかり」と読みは違うが“同姓同名”。爆笑問題の太田がオープニングで「どうも、大商大の太田光です」と自己紹介し、ドラフト会議の話に及ぶと「頑張ってほしいね。俺はなぜか昔から広陵高校の主砲で捕手が好きなんです」と広陵高校出身の太田への思いを語ってから「同じ名前で、おそらく嫌な思いもしてきたと思うんですよ。“バカじゃないの”とか“裏口だろ!”とかね」と自身の騒動に絡めた意味深発言も。

 番組中には大商大の太田からのメッセージを紹介。「この度、楽天にドラフト2位で指名してもらいました太田光です。まずは開幕1軍を目指して、将来は“日本を代表する捕手といえば太田”と言ってもらえるような選手になりたいです。太田さんと田中さん…、田中さんは巨人ファンと伺っていますが、東北楽天ゴールデンイーグルスの一員として頑張りますので応援よろしくお願いします」と流れると、爆笑問題の2人は「わざわざメッセージを送ってくれて嬉しいね!」と喜んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年10月28日のニュース