賀来賢人 叔母・賀来千香子との初共演は女装姿「恥ずかしかった」

[ 2018年10月23日 12:42 ]

俳優の賀来賢人
Photo By スポニチ

 俳優の賀来賢人(29)が21日放送の日本テレビ「誰だって波瀾爆笑」(日曜前9・55)に出演。叔母で女優の賀来千香子(57)と初共演した際のエピソードを語った。

 賀来はデビュー4年後の2011年にドラマ「アスコーマーチ!〜県立明日香工業高校行進曲〜」(テレビ朝日系)で千香子と初共演。しかし、共演シーンは賀来が女装した状態での撮影だったということで「凄い恥ずかしかった」と当時の心境を振り返った。また、千香子との普段の会話の内容を聞かれると「芝居の話やアドバイスなど仕事の話はせず、子どものことなど家族の話をする」と語った。

 千香子の存在は賀来にとって大きな“メリット”だったようだ。デビュー当初、撮影で京都・太秦映画村に訪れていた際、「爪が伸びていただけで怒られた」などスタッフからの指導が厳しかったという。しかし、あるスタッフから「叔母さん、賀来千香子さんなんだよね。凄いお世話になってね」と言われたそう。するとその話がスタッフの間で広まってから急にスタッフが優しくなり、千香子のおかげで対応が変わったと明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年10月23日のニュース