PR:

「半分、青い。」鈴愛と律がついにキス!華丸は大照れ、涙も?「“照れ風”の強風が」近江アナ「ヒヤヒヤ」

連続テレビ小説「半分、青い。」第147話の1場面。この後、キスをする鈴愛(永野芽郁)と律(佐藤健)(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の永野芽郁(18)がヒロイン・鈴愛を演じるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月〜土曜前8・00)の第147話が19日に放送され、鈴愛と“運命”の幼なじみ・律(佐藤健)がついにキスをした。

 第147話は、そよ風の扇風機の生産ルートを確保しようと、鈴愛(永野)は津曲(有田哲平)から紹介された工場を訪問。しかし、実績がないことを理由に、まともに取り合ってもらえない。鈴愛が苦労しているのは開発が遅れているせいだと、律(佐藤)は自分を責める。鈴愛は寝る間も惜しんで研究を続ける律を心配する。翌朝、鈴愛が出勤すると、律は徹夜で研究をしたのか、ソファーで寝ていた。朝日に照らされた寝顔を見ていた鈴愛は…という展開。

 鈴愛が律に顔を近づけると、律が鈴愛の手を握り「おはよう。今、何時?」。そして、毛布を上げ「入る?」。鈴愛は律に抱かれるように、横に寝ると「何これ」。そして、体を向き合い、抱き締め合い、見つめ合う2人。鈴愛が目を閉じると、律が唇を重ねた。約5分の長いシーンだった。

 同局「あさイチ」(月〜金曜前8・15)のMC陣も朝ドラ受けで照れまくり。博多華丸(48)は「照れた〜。“照れ風”の強風が。(扇風機の)そよ風じゃなく」と第一声。鈴愛&律を応援してきただけに、感動して泣いていたのか、何度も目をこすった。博多大吉(47)は「(キス)したね、最後。しそうでしないのが朝ドラと」。近江友里恵アナウンサー(30)は「ヒヤヒヤしちゃいましたね」と語り合った。

[ 2018年9月19日 09:20 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:10月18日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル