剛力彩芽 前沢社長とのW杯観戦インスタ“謝罪”過去投稿全削除へ「住む世界が違う」も交際を糧に成長誓う

[ 2018年7月22日 21:50 ]

剛力彩芽
Photo By スポニチ

 女優の剛力彩芽(25)が22日、自身のインスタグラムを更新。衣料品通販サイト「ZOZOタウン」を運営するスタートトゥデイの前沢友作社長(42)との交際について心境を明かした。16日に双方のインスタグラムで、サッカーW杯ロシア大会の決勝戦を現地で生観戦したことを報告。“物議”を醸したが「私の投稿やコメントで応援してくださっている皆さまに、ご心配をおかけしてしまい、申し訳ありません」と謝罪した。プライベートジェットを使って日帰りでロシア入りし、1人220万円といわれる飲食付き観戦チケットを購入したとされるが「皆さまが想像する通り、住む世界が違うなと感じることも正直あります」と率直に打ち明けながら、女優として成長するため、前沢氏と過ごす貴重な時間から自身の内面を磨きたい考えを示した。

 2人は今年2月に雑誌の企画で知り合い、今春から交際中。週刊誌で、たびたびデート現場がキャッチされている。

 剛力は日本代表のユニホームに身を包み、決勝戦が行われるスタジアムの前で笑顔でタオルを広げる写真をインスタグラムに添え「凄いところにいる。夢みたい」と投稿。前沢氏も同じ構図の写真をツイッターにアップした。

 剛力の一連の行動について、おぎやはぎ・矢作兼(46)は20日放送のTBSラジオ「おぎやはぎのめがねびいき」(木曜深夜1・00)で「あのはしゃいでいる感じが出てしまうと、女優さんとしては得ではない」と忠告。

 ナインティナイン・岡村隆史(48)も20日放送のニッポン放送「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)で「やっぱり女性は人を好きになると周りが見えなくなってしまう。剛力彩芽さんを応援してらっしゃる方からすると、あれだけ同じ画角で(2人が写真を投稿する)となると…。すごく傷ついてると思うし、やはり応援してくれる人がいるわけですから。ファンを第一に考えた方がいい気がする」とアドバイスを送った。

 この日、剛力は「私の投稿やコメントで応援してくださっている皆さまに、ご心配をおかけしてしまい、申し訳ありません」と謝罪。人気芸人たちからの忠告も知っているようで「大先輩の皆さまも気にかけてくださっているのを報道で目にしました。ありがとうございます。皆さまからのコメントもしっかりと読ませていただいてます。厳しいご意見やアドバイスを真摯に受け止め、自分の考えをまとめました」と切り出した。

 「改めて、私はお芝居が大好きです。お芝居を仕事にさせていただけていることは自分の夢でもあったし、実際に数々のお仕事をいただく中で、たくさんの貴重な経験と勉強をさせていただきました。ただ、このままではいけないという強い危機感も持っています。演じるという技術的な面の成長だけではなく、人間的な内面の成長をしなければ、本当の意味での自分の目指す役者にはなれない、と日々感じています」と女優業への考えを表明。

 「そんな中、いろんな意味で想像の斜め上をいく発想や行動をする彼と時間を過ごさせてもらっています。付いていくのにも必死で、新しく勉強することもいっぱいです。皆さまが想像する通り、住む世界が違うなと感じることも正直ありますが、私にできるサポートは全力でしていきたいと思います。彼と過ごす時間の中で、既にたくさんの普段経験することのできない体験や、出逢うことのない人との出逢いがあります。そんな一瞬一瞬を大切に感謝しながら、その経験が自分の成長につながっていくように毎日を過ごしていきたいです」と前沢氏との交際を糧にしたいとした。

 「今、私がここにいられるのは、紛れもなく皆さまのおかげです」とファンや関係者に感謝し「与えていただいた環境やチャンスを無駄にせず、お仕事でもプライベートでも自分のできることは諦めずに全力で吸収しやり遂げ、足りないところがあれば勉強し、少しでも皆さまの笑顔につながるようなことがしたい、というのが今の私の答えです」と結論。

 「自分の正直な気持ちを伝えることにまだまだ慣れていませんが、これからのインスタでは、飾らないありのままの私を見ていただけたら、うれしいです。役者としてプライベートを見せることがどうなのか、という考えもありますが、自分の身の周りに起こる出来事は自分のお芝居とも表裏一体で、人間的な成長にとっても大切な要素です。そんな一瞬一瞬を感謝の気持ちで投稿できたらなと思います」と今後のインスタグラムとの向き合い方を説明。そして「それから、今までのインスタ投稿はこの後、すべて削除します。心機一転のつもりです。今までの投稿にいいねやコメントをくださった皆さま、ありがとうございました。引き続き、新・剛力彩芽をよろしくお願いします」と呼び掛け、締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年7月22日のニュース