「笑点」桂歌丸さんに「永世名誉司会」の称号!OPアニメ、番組HPも「終身名誉司会」から変更

[ 2018年7月22日 19:00 ]

桂歌丸さん
Photo By スポニチ

 慢性閉塞性肺疾患のため今月2日に亡くなった落語家の桂歌丸さん(享年81)が50年にわたって出演した日本テレビの演芸番組「笑点」(日曜後5・30)が、歌丸さんに「永世名誉司会」の称号を贈った。22日に放送されたオープニングの新アニメーション(新イラスト)で「桂歌丸 永世名誉司会」と表示され、インターネット上で「粋だと思った」「泣きそうになった」などと反響を呼んでいる。

 番組公式サイトも「永世名誉司会者 桂歌丸」と“肩書”を終身名誉司会から変更。「番組を第1回から支えてきた『ミスター笑点』が、平成30年7月に旅立ちました。回答者として40年、司会者として10年。番組を卒業してからも『もう笑点』の司会や、番組の節目節目に登場し、笑点を盛り上げてくれました」と称え「晩年は、入退院の繰り返しで、復帰会見では『80年の人生で初めて、から揚げを食べた』と最後まで爆笑をとりました。終身名誉司会から永世名誉司会となり、いつも傍らで笑点を見守ってくれるでしょう」と悼んだ。

 2006年5月に「笑点」5代目司会に就任した歌丸さんは16年5月に春風亭昇太(58)に司会の座を譲り、番組を勇退。「終身名誉司会」の称号を与えられた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年7月22日のニュース