HKT宮脇咲良 2日連続の握手会中止 体調不良に弱音「ポッキリ折れてしまいそう」ファン心配

[ 2018年7月22日 16:05 ]

HKT48宮脇咲良(撮影・近藤 大暉)
Photo By スポニチ

 KT48の宮脇咲良(20)が22日、体調不良のため千葉・幕張メッセで行われた52枚目のシングル「Teacher Teacher」劇場盤発売記念大握手会の第1部〜第7部を中止した。グループの公式ブログで発表された。宮脇は「最近自分が凄く弱くなっているのを感じて、一度ゆっくり休まないと、ふとした時にポッキリ折れてしまいそうな気持ちになります」と弱音を吐き、握手会中止を謝罪。ファンからは「無理しないで」「ゆっくり休んで」などと心配の声が上がっている。

 公式ブログは「返品対応の詳細、今後の振替開催の可否につきましても、後日改めて別エントリーでお知らせいたしますので、今しばらくお待ちくださいますよう、お願いいたします」とし「参加券をお持ちのお客様には多大なるご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 宮脇は、前日21日に同所で行われた「Teacher Teacher」劇場盤発売記念大握手会の第5部〜第7部も体調不良のため中止。この日午前、トークアプリ「755」を更新し「昨日は、途中で中止にしてしまい、楽しみにしてくださっていた皆さんに悲しい思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした」と謝罪。「最近自分が凄く弱くなっているのを感じて、一度ゆっくり休まないと、ふとした時にポッキリ折れてしまいそうな気持ちになります。でも休む時間はないので、少しずつ弱っていっている感じです…」と弱音を吐露した。

 「体調面にしろ精神面にしろ、もう少し強くありたいのに、いつも皆さんを悲しませてしまっていて、本当にごめんなさい。そして、今日の握手会も中止にさせていただくことになりました。本当にごめんなさい。すべてが終わったら、またいつもの私に戻っていると思います。その時まで皆さん待っていてください。ごめんなさい」と謝罪の言葉を繰り返した。

 今月8日には、同所で行われた「AKB48『ジャーバージャ』劇場盤発売記念大握手会&スペシャルステージ祭り第3部・第4部・第6部・第7部、ステージ#04」も体調不良のため不参加。総選挙翌日(6月17日)にナゴヤドームで行われた「Teacher Teacher」劇場盤発売記念大握手会の第3部以降も体調不良のため中止している。

 今月7日の日本テレビ「THE MUSIC DAY」、14日のTBS「音楽の日」には生出演している。

 6月16日に行われた第10回AKB48世界選抜総選挙は3位。HKTの先輩・指原莉乃(25)が座り続けた1位の座を後輩として受け継ぐ目標は達成ならず「さっしー、ごめんなさい」と悔し涙をこぼした。また、最後の総選挙と決めて立候補したことを明かし「ファンの方のおかげで、ここまで来た。誇りを胸に終わらせたい」と総選挙からの卒業を明言した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年7月22日のニュース