川口春奈 窪田正孝からの褒め言葉に不満「すごい薄っぺら」

[ 2018年7月22日 18:10 ]

テレビ朝日系連続ドラマ「ヒモメン」記者会見に出席した(左から)YOU、岡田結実、川口春奈、窪田正孝、勝地涼、佐藤仁美、金田明夫
Photo By スポニチ

 俳優の窪田正孝(29)と女優の川口春奈(23)が22日、東京・六本木で行われたテレビ朝日土曜ナイトドラマ「ヒモメン」(28日スタート、土曜後11・15)の記者会見に登場した。

 鴻池剛氏のマンガ「ヒモメン〜ヒモ更生プログラム〜」を原作に、働かないことに全力を尽くすヒモ男・翔(窪田正孝)と、恋人をヒモ生活から脱出させたい看護師・ゆり子(川口春奈)の同棲生活を描く作品。

 窪田は「凄く、テンポ良く、爽快に見られるドラマ。いい意味で台本に縛られず、伸び伸びとやっている感覚があります」と和気あいあいとした現場の雰囲気を告白。川口も「楽しいです、コメディーだし、掛け合いテンポもいいので」と笑顔を見せた。

 イベントでは、登壇者7人でヒモくじ引きコーナーに挑戦。巨大な“ヒモ”でくじ引きをして、当たりが出たらその人が王様となり、指名した人に好きな質問を1つするというルールで、1回目はヒロインの川口が見事に引き当て、豪快にガッツポーズ。窪田を指名し「私のいいところ3つ言いなさい。ちょうだい、ちょうだい」とかわいくおねだりした。

 窪田は「まず、このフェースは正直、ずっと見てられます。誰よりも近くで見てるので間違いない。(役柄で)同棲してるんでね」と満足げ。2つ目は「結構ゲラ。そこ?ってところで笑うのは彼女の長所。本番中だろうが何だろうが笑う。笑顔がステキ」。最後は「すごく野心家な部分がある」と意外な指摘。「撮影中でも夜中3時に1人でサッカーを見たり、自分の道を突き進む。そういうところはすごい」と続けた。絞り出すように3つを挙げた窪田に対し、川口は「全然ほめてもらったような気がしない。すごい薄っぺらかった」と不満げだった。

 2回目のくじでは逆に窪田が当たりを引き当て、思わず「やった!」と大喜び。もちろん、川口を指名し「私のいいところ3つ言いなさい」と逆質問。川口は悩みながら「身体がバキバキなところ。でも、鍛えてないんですって。めっちゃ食べるのに太らないですし、うらやましい。細マッチョ、一番無駄がないボティー」。2つ目は「(動きが)チャキチャキしてます。すぐやって、すぐ帰って、みたいな」と独特の表現。最後には「やっぱりお顔がキレイなところ。かっこいい、やさしい、面白い」と照れくさそうに褒めちぎった。そんな2人に、勝地涼(31)からは「イチャイチャしてるだけみたい」とツッコミが入っていた。

 会見には、岡田結実(18)佐藤仁美(38)YOU(53)金田昭夫(63)も出席した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年7月22日のニュース