つんく♂プロデュース、最初にして“最大の失敗作”はあの芸人だった

[ 2018年6月20日 21:07 ]

音楽プロデューサーのつんく♂
Photo By スポニチ

 20日放送の日本テレビ「1周回って知らない話」(水曜後7・00)ではモーニング娘。を大々的に特集。彼女たちを国民的アイドルへと仕立て上げた敏腕プロデューサー・つんく♂(49)だが、とある芸人をプロデュースして大失敗した過去があることが明らかとなった。

 つんく♂プロデュースの代表格と言えるのがモーニング娘。子供から大人まで世代を超えた人気を博し、国民的アイドルとして確固たる地位を築き上げた。オーデションを開催すれば最大で2万5千人もの応募者が集まるなど、多くの子供たちの憧れの存在となっていた。

 現在、芸能界で活躍する人たちの中にも、ダレノガレ明美(27)、AKB48・柏木由紀(26)、イモトアヤコ(32)、南海キャンディーズ・山崎静代(39)、元アイドリング!!!の朝日奈央(24)など、オーディション経験者は多数存在している。

 しかし、初めてのつんく♂プロデュースは、実は散々な結果だったという。その相手というのが、お笑いコンビのFUJIWARA。モー娘。がメジャーデビューする4年前の1994年に、「明日が来る前に」でCDデビューを果たす。当初つんく♂は「お前らの色出すなら、こういう方でいきたい」などと熱く語っていたが、出したCDは期待とは裏腹にまったく売れなかった。

 つんく♂的には「僕的には全然イケてた」と手応え十分だったが、「あいつらが歌下手すぎた」とお手上げ状態。結果的に売れっ子プロデューサーの名前に泥を塗る、とんでもない逸材となってしまった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年6月20日のニュース