PR:

すず 朝ドラ「なつぞら」ロケ地で20歳の誓い「のびのびと」

NHK連続テレビ小説「なつぞら」の初取材会で、牧場をイメージした特製バースデーケーキを贈られ、笑顔でピースサインをする広瀬すず(撮影・藤田 有弘)
Photo By スポニチ

 来年4月から放送が始まるNHK連続テレビ小説「なつぞら」で、ヒロインを演じる女優広瀬すず(20)が19日、ロケ地の北海道新得町で20歳の誕生日を祝福された。

 特製バースデーケーキを贈られた広瀬は「20歳最初の作品が“なつぞら”で幸せです」と笑顔。「新しいスタートなので、皆さんの力をお借りしてプレッシャーに負けないで頑張ります」と力を込めた。

 朝ドラ100作目の「なつぞら」は、戦争で両親を亡くし、北海道・十勝の酪農家に引き取られたなつが、高校卒業後に上京してアニメーターとしてみずみずしい感性を発揮していく姿を描く。脚本家・大森寿美男氏(50)のオリジナル作品。

 8日にクランクインしたばかり。広瀬は「自然に囲まれながら撮影するのはなかなかない機会なので、のびのびと演じたい」と意気込みを語った。

 1996年の「ひまわり」でヒロインを演じて以来の朝ドラ出演となる松嶋菜々子(44)が養母役。広瀬は「現場の大変さを教えてもらった」と明かし、松嶋も「ここの大地のような広い心で、すずちゃん、そして、すずちゃん演じるなっちゃん(ヒロイン)を大きく受け止めていきたい」と後押しを誓った。

 養父役の藤木直人(45)は「広瀬さんとは、昨日(18日)初めてご一緒したのですが、“父さん”と呼ばれて、僕の父性が目覚めました」と話し、チームワークの良さをうかがわせた。

[ 2018年6月20日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:08月20日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル