PR:

NHK放送総局長 コロンビア戦48・7%に「テレビの力は侮るべからずだな」

後半、CKからゴールを決めた大迫(中央)を祝福する長友(左)と長谷部(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 NHKの木田幸紀放送総局長が20日、東京・渋谷の同局で定例会見を行い、19日夜にNHK総合で生中継した「サッカーワールドカップ(W杯)日本―コロンビア戦」での試合後半に平均視聴率は48・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したことに言及した。

 日本代表の初戦となるコロンビア戦をNHK総合で放送し、試合前半(後8・45〜同9・50)が42・8%、試合後半の(後9・53〜同11・00)が48・7%を記録。瞬間最高は試合終了時の午後10時52分、53分で55・4%という驚異的な数字を叩き出した。

 試合後のインタビューなどを放送した「ポーランド×セネガル直前情報」(後11・00)も平均30・1%を記録している。また、ネット配信はおよそ60万人弱(速報値)が視聴したとした。NHKによると、これは「平昌五輪の男子フィギュアに匹敵する高さだった」という。試合について、木田放送総局長は「強豪相手に見事な闘いをした」と日本代表の戦いぶりを評価。「大会前は周りを見ても、W杯の話をする人は見かけなかったが、大会2日目、ポルトガル対スペインの放送が5%ぐらいの数字で、世の中ではしっかり開幕を待っている人がいると実感した。密かに昨日の結果を心待ちにしていた」といい、「しかし、48・7%という数字は2018年現在の状況を考えると、テレビの力は侮るべからずだなと思った」と話した。

[ 2018年6月20日 15:17 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:10月19日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル