PR:

イノッチ主演「特捜9」初回16・0%の好発進 「9係」渡瀬恒彦さんの遺志受け継ぐ

テレビ朝日の社屋
Photo By スポニチ

 V6の井ノ原快彦(41)が主演を務めるテレビ朝日「特捜9(ナイン)」(水曜後9・00)が11日に15分拡大でスタートし、初回の平均視聴率は16・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが12日、分かった。4月クールの民放連続ドラマは始まったばかりだが、15%超の好発進となり、暫定トップ。

 昨年3月に亡くなった渡瀬恒彦さん(享年72)が主演した「警視庁捜査一課9係」が井ノ原主演により生まれ変わった。羽田美智子(49)吹越満(53)田口浩正(50)津田寛治(52)ら「9係」レギュラー出演者が再集結。寺尾聰(70)山田裕貴(27)が新たに加わった。

 「9係」シーズン5(2010年)の初回=16・2%には及ばなかったが、シーズン8(13年)の初回=15・2%以来5年ぶりとなる15%超えとなった。

 2006年から昨年の第12シーズンまで続いた「9係」は、警視庁捜査一課に設けられた第9係の刑事たちを描く群像劇。第9係の係長・加納倫太郎を演じた渡瀬さんは昨年4〜6月に放送された第12シーズンに不参加だったものの、病室に台本を持ち込むなど最後まで出演に意欲。第12シーズンは主人公不在で放送された。

 「特捜9」は倫太郎の異動により、第9係は解散したという設定。第9係のメンバーはバラバラになっていたが、警視総監の指示で捜査一課に新設された特別捜査班に再集結。寺尾演じる班長の下、再び難事件に立ち向かう。井ノ原演じる浅輪直樹は今回から主任に昇格。倫太郎の娘・倫子(中越典子)と結婚したという設定も加わる。

 第1話は、東中野署の村瀬(津田)から「特捜班」への“出動要請”が入る。事件は縄文土器の発掘現場で美穂(実咲凜音)という大学講師の遺体が発見された、というもの。そばには青酸性の毒物が入っていたと思われるビンが落ちており、警視庁捜査一課は服毒自殺と判断。後処理を村瀬らに押し付けたというが、村瀬はその判断に納得していないらしい…という展開だった。

[ 2018年4月12日 09:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:09月25日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル