谷村新司 初のコラボ公開収録に「どんどん増えてほしい」

[ 2018年4月12日 20:51 ]

大阪市内で公開収録に参加した谷村新司
Photo By スポニチ

 歌手の谷村新司(69)が12日、大阪市内でMBSラジオとFM COCOLOによる初のコラボ公開収録に参加した。FMとAMの異例タッグに、「こういう事がどんどん増えてほしい」と喜んだ。

 4月から古巣の「MBSヤングタウン」金曜レギュラーを自身は31年ぶり、アリス3人では初めて担当。観客80人に「ヤン金(曜)復活!聴いてくれた?」と、満面の笑みで呼びかけた。「まわす谷村、ボケる堀内、つっこむ矢沢」と役割があるというが、「全員がしゃべってる瞬間があってグズグズ」と言って、笑わせた。

 終了後、「何十年ぶりの公開収録は楽しく、あっという間」と充実感をにじませた。AMとFMの番組では「声のトーンが変わる。FMは低め、AMは高め。きょうはミックスバーションでした」と笑顔。夕方の収録で、ヤン金名物の?下ネタも封印し、「こんな明るいライトの下では…空気を合わせないと」と臨機応変ぶりをアピールした。

 収録中には、作詞作曲のエピソードも語った。アイデアが浮かぶとすぐに書き残すといい、「1回来たものを逃がすと二度と来ない。入浴中だと出てメモするし、出先で浮かんだら自宅に電話して留守電に入れる」と話した。

 また、想像の余地を残す自身の作詞ポリシーは、細部まで描写するさだまさし(65)と対照的だと説明。さだの詳細な歌詞を「すごいな」と伝えると、「お兄ちゃんが雑なんだよ」と返されたことを明かし、笑わせた。

 この日の模様は、14日にFM COCOLO「SUTURDAY AMUSIC MORNING」(土曜前6・00)、15日にMBSラジオ「上泉雄一の週末もええなぁ!」(日曜深夜0・30)で放送。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年4月12日のニュース