将棋名人戦が開幕 佐藤天3連覇か、羽生100期目タイトルか

[ 2018年4月12日 05:30 ]

立会人の森九段(右手前)に封じ手を手渡す佐藤名人(左)。右奥は羽生竜王
Photo By スポニチ

 佐藤天彦名人(30)に羽生善治竜王(47)が挑む将棋の第76期名人戦7番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催)は11日、東京都文京区のホテル椿山荘東京で開幕した。

 第1局は振り駒の結果、羽生の先手で開局。38手目を佐藤が封じて1日目を終えた。消費時間は佐藤が4時間5分、羽生が4時間2分(持ち時間は各9時間)。2日目は12日午前9時から指し継がれる。佐藤は3期連続の名人位保持を目指し、羽生は通算1400勝と100期目のタイトル奪取に王手をかけている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年4月12日のニュース