宅間孝行 舞台「タクフェス」台本を奄美で執筆も「出てこない」

[ 2017年8月30日 05:30 ]

タクフェス第5弾を開催する宅間孝行と本番へ気合の入る戸田恵子
Photo By スポニチ

 俳優の宅間孝行(47)が作、演出、出演する舞台「タクフェス」シリーズの第5弾「ひみつ」の製作を29日、都内で発表した。

 戸田恵子(59)と組む姉弟の漫才コンビが主人公の純愛物語。新作を書いたのは4年ぶりで「台本を書くために奄美大島まで行ったのに、奄美のことは全く出てこない」と話した。松本利夫(42)山崎静代(38)らが出演。東京公演は10月31日から池袋サンシャイン劇場で。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年8月30日のニュース