福山雅治“男泣き宣言”主演映画「三度目の殺人」ベネチア出品

[ 2017年8月30日 05:30 ]

映画「三度目の殺人」の舞台あいさつを行った福山雅治(左)と是枝裕和監督
Photo By スポニチ

 歌手で俳優の福山雅治(48)が29日、大阪市内で主演映画「三度目の殺人」(9月9日公開、監督是枝裕和)の舞台あいさつに立った。

 福山と是枝監督とのタッグで大ヒットした13年公開の「そして父になる」は「第66回カンヌ国際映画祭」で審査員賞を受賞。これに続き、「三度目…」も30日にイタリアで開幕する「第74回ベネチア国際映画祭」のコンペティション部門に出品することが決定している。

 福山は「監督といればいいことがある。僕は、人前で泣くことをしないように生きてきたのに、カンヌでは泣いちゃって。ベネチアでもそういう体験ができたらいいな」と、早くも“男泣き宣言”していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年8月30日のニュース