ベッキー 芸能界“不倫ブーム”で謝罪!?「この流れの初期だから」

[ 2017年8月30日 14:12 ]

舞台「三途会〜私の人生は罪ですか?〜」制作発表会見に出席したベッキー
Photo By スポニチ

 お笑い芸人の今田耕司(51)とタレントのベッキー(33)が30日、都内で舞台「三途会〜私の人生は罪ですか?〜」(11月22日〜東京グローブ座)の制作発表会見を行った。

 ベッキーは「ゲスの極み乙女。」川谷絵音(28)との不倫騒動が報じられ、昨年1月から約4カ月休業。昨今の「不倫は罪」という風潮についてどう思うかと、報道陣から直球質問を受けると苦笑い。「風潮って言われも…。私が言える立場じゃない」とコメント。しかし、今田から「ベッキーしか言えないこともある」と背中を押されると「すみませんでしたの一言です」とおわびの言葉を口にした。すると今田が「みそぎは終わってるでしょ。何で(不倫騒動の)代表者になってるの?」と突っ込むと、「この(不倫騒動の)流れの初期だから」と自虐的に語り、笑いを誘った。

 同舞台は放送作家の鈴木おさむ氏(45)が作・演出を担当。三途の川の手前で、様々な罪を抱えた人間たちが、生きるか死ぬかを会議する「三途会」の模様を描く。ベッキーと今田は舞台での共演は初。ベッキーは「覚悟を持って、全身全霊で臨みたい」と気合を入れた。

 また、ハーフ好きを公言する今田と恋愛に発展する可能性を聞かれると、今田は「ベッキーはベッキー。ハーフタレントとして見てなかった」と言いながらも「ありえる!」と色めきたち、ベッキーも「可能性でてきた」と含みを持たせていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年8月30日のニュース