哀川翔ら出演「HEAD UP!」新潟&山梨公演 主催者の事業停止で中止

[ 2017年8月30日 15:27 ]

 俳優の哀川翔(56)らが出演するミュージカル「HEAD UP!」(脚本倉持裕、演出ラサール石井)の新潟公演(来年2月7〜8日、新潟県民会館)と山梨公演(同21〜22日、コラニー文化ホール)が主催者・山梨芸術舞台センター(SACがくやの会)の事業停止により中止になった。30日、公演公式サイトで発表された。

 舞台監督(哀川)らバックステージで働く舞台スタッフの奮闘を描き、昨年、ラ・サールが第23回読売演劇大賞優秀演出家賞に輝いた話題作。

 公式サイトは「私どもでも、公演の実現に向け、方々に手を尽くしましたが、残念ながら成立することができませんでした」と報告。『HEADS UP!』をご覧いただける機会がこういった形でなくなってしまい、私どもも大変残念に心苦しく思っております、新潟、山梨公演を楽しみにしていたお客さまには心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

 山梨芸術舞台センターは公式サイトで「当社は、創業以来35年の長きにわたり、会員の皆様、演劇等をご鑑賞いただいた皆様、取引先の皆様に支えられ、山梨県を中心として舞台芸術等のプロモート事業を継続して行ってまいりました。しかし、当社の努力不足により、今般、平成29年8月4日をもって事業を停止することと相成りました。これまでご愛顧いただいた会員の皆様、取引先の皆様には、感謝を申し上げると共に、突然の事業停止となりご迷惑をおかけしますことを、心よりお詫び申し上げます」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2017年8月30日のニュース