滝クリ「お・も・て・な・し」スピーチ後初レギュラー TBS「教えてもらう前と後」司会

[ 2017年8月30日 05:30 ]

TBS系「教えてもらう前と後」の司会に決まった滝川クリステル
Photo By 提供写真

 フリーアナウンサー、滝川クリステル(39)がTBS系「教えてもらう前と後」(10月17日スタート、火曜後8・00、初回は午後7時から2時間スペシャル)でメイン司会を務めることになった。滝川のレギュラー出演は、13年9月の国際オリンピック委員会(IOC)総会で「お・も・て・な・し」のスピーチを行い、2020年東京五輪・パラリンピック開催決定に貢献して以来となる。

 “知のビフォーアフター”といえる異色の番組。暮らしの問題から世間をにぎわす事件など、幅広いテーマについて、説明なしでVTRを一度見た後に専門家の詳しい解説を聞き、“教えてもらう前と後”では同じVTRが全く違って見えるというのが面白さのポイント。滝川が専門家の話を引き出していく。

 フジテレビ「Mr.サンデー」に13年3月まで出演後、近年は動物保護などを目的とした一般財団法人を立ち上げ、代表を務めるほか、ライフワークの環境問題に取り組むため、海外に足を運ぶことが増えていた。知識が軸となる番組に滝川も意欲。「さまざまな分野の専門家からたくさんの知識を番組で共有させていただけるのは本当にぜいたくな時間だと思っています」と話している。制作する毎日放送の林智也プロデューサーは「強く鋭い知識欲の持ち主の滝川さん。迷わず番組の顔に選びました」と起用理由を語る。

 初回の専門家はジャーナリストの池上彰氏(67)。滝川は「毎回驚きや感動を感じながら、視聴者の皆さんと貴重な時間を分かち合えればと思います」と本番を楽しみにしている。

 ◆滝川(たきがわ)クリステル 1977年(昭52)10月1日、パリ生まれの39歳。3歳の時に家族で来日。青山学院大卒。00年、共同テレビに入社し、フジテレビに出向。02年からフジ「ニュースJAPAN」のキャスターに。08年秋にフリーに転身。10年4月から13年3月までフジ「Mr.サンデー」に出演。14年5月に一般財団法人「クリステル・ヴィ・アンサンブル」を設立。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年8月30日のニュース