真木よう子 フォトマガジン出版企画自体を中止し謝罪 冬コミ参加中止に続き

[ 2017年8月30日 22:15 ]

真木よう子
Photo By スポニチ

 「コミックマーケット93(冬コミ)」への参加を中止した女優の真木よう子(34)が30日、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」を使ってフォトマガジンを自主制作する「真木よう子、フォトマガジン出版プロジェクト。」自体を中止することを同サイトで発表した。「責任者である立場なのに、主導権を握れなかった、そして、今回、この様な騒動にまで発展してしまう事を予測出来なかった。全ては私の責任で御座います」と謝罪。既に650万円が集まっていたが、返金対応は後日、発表する。

 真木は「CAMPFIRE」を利用してフォトマガジンを自主制作し、12月に開催される「冬コミ」に参加することを表明していたが、その手法にインターネット上で批判の声が相次ぎ、28日に冬コミ参加中止を発表し、謝罪。その際に「フォトマガジンは、皆様と共に作り上げ、コミケではなく、皆様へ届く様にしたいです」と写真本そのものは作るとしていたが、プロジェクト自体が中止になった。

 クラウドファンディングの目標額は800万円。633人が支援し、総額651万6555円が集まっていた。

 真木のコメントは以下の通り。

 本プロジェクトをご支援くださった皆様へ

 拝啓

 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

 平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

 皆様にお報せがございます。

 本日、協議の結果、今回の「真木よう子、フォトマガジン出版プロジェクト。」を中止する、という結論に至りました。

 責任者である立場なのに、主導権を握れなかった、そして、今回、この様な騒動にまで発展してしまう事を予測出来なかった。

 全ては私の責任で御座います。

 フォトマガジンの完成を楽しみにしてくださった皆様方には、誠に、申し訳ございません。何卒ご容赦いただけますと幸いです。

 なお、今後の返金につきましては後日、CAMPFIREスタッフより改めてメッセージを送らせて頂きますので、ご確認いただきますようお願い申し上げます。

 さんざんお騒がせした上でのこの結果、誠に誠に申し訳ありません。

 深くお詫び申し上げます。

 敬具

 2017年8月30日 真木よう子

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年8月30日のニュース