平幹二朗さん最期は「カーテンコールのように…」 平岳大が明かす“最後の日”

[ 2017年8月18日 16:54 ]

俳優の平岳大
Photo By スポニチ

 俳優の平岳大(43)が、18日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」(金曜後0・00)に出演し、昨年10月に亡くなった父の俳優・平幹二朗さんへの思いを語った。

 幹二朗さんは昨年10月23日、自宅で亡くなっているのが見つかった。前日には、岳大の双子の妹が同9月に出産した第2子男児の顔を見るために、岳大とともに娘の家を訪問。幹二朗さんは孫にミルクをあげるなど上機嫌で、その後、幹二朗さんを岳大が送り届け、それが父子の最後の対面となった。

 岳大は幹二朗さんの最後の日を振り返りながら、「とても父らしい逝き方かなって感じはしましたね」としみじみ。「父って、カーテンコールでバッと出てきて、すごい勢いで頭下げるんですよ。芝居が終わった後にあまり余韻を残さない人だったんです」と明かし、「だから僕は、最期はあのカーテンコールのように(父が)逝くんじゃないかなって、ずっと思ってたんです。本当にそういう風になっちゃいましたけど」と幹二朗さんの最期を振り返った。

 司会の黒柳徹子(84)から「お父様のことを今どのように思ってらっしゃる?」と問われると、岳大は「これを言ったらキリがないんですけど、ずっと色んなものを見て欲しかったっていうのはあるんですけど…」と切り出し、「(自身が出演した映画の)『関ケ原』も見てほしかったし、大竹しのぶさんとフェードルという舞台をやったんですけど、それも僕が役者になったときにいつかフェードルみたいなのができるといいねみたいなことを言ってたんですけど…それも見られなかった。(自身の)結婚式も来られなくて…」と、役者、息子というそれぞれの立場から、様々な思いを抱いていることを明かした。

 「さあこれから楽しいことが始まりそうという時に逝っちゃったから、もうちょっと待てば良かったのになっていうのはあるんですけど、それが逆に父らしいというか…」との岳大の言葉に対して、黒柳は「本当に優しくて良い方でしたね。私大好きでした」と友人でもあった幹二朗さんへの思いを口にした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年8月18日のニュース