内山理名 NHK連ドラ初主演 11月スタート「マチ工場のオンナ」

[ 2017年8月18日 11:23 ]

女優の内山理名
Photo By スポニチ

 女優の内山理名(35)が11月スタートのNHKの連続ドラマ「マチ工場のオンナ」(後10・00)で同局の連ドラ初主演を果たす。18日、同局から発表された。

 原作は諏訪貴子氏の「町工場の娘」。内山演じる32歳の専業主婦・有元光が、父の残した町工場の社長になり、主婦目線の現実処理能力と決断力で奮闘していく姿を描くサバイバルヒューマンドラマ。父・泰造を舘ひろし(67)が演じる。共演に永井大、柳沢慎吾、村上淳、竹中直人ら。

 内山は抜てきに「不安も緊張もありますが、ストーリーにとても勢いがある作品なので、最後まで全力で走り続ける覚悟で務めさせていただこうと思っております」とコメント。「色々と一筋縄ではいかないような展開ですが、諸先輩方をはじめとする共演者の方々と、丁寧に作り上げていけたらと思っております」と意欲を語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年8月18日のニュース