ユーミン×帝劇 第1弾は貫地谷しほり、第2弾は比嘉愛未主演

[ 2017年8月18日 05:30 ]

「朝陽の中で微笑んで」製作発表であいさつする松任谷由実
Photo By スポニチ

 ユーミンと帝劇のコラボ第1弾は12年10月に上演された「8月31日〜夏休み最後の日〜」。貫地谷しほり(31)の主演で、現実と夢のはざまで隠された真実と愛の尊さを知っていく現代劇。

 第2弾は14年10月上演の「あなたがいたから私がいた」。比嘉愛未(31)の主演で、大きな秘密を抱えながら伝説のダンサーとなっていく女性を描いた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年8月18日のニュース