オファー殺到!飯豊まりえ、主演&ヒロインで民放ドラマ掛け持ち

[ 2017年5月31日 06:00 ]

愛くるしい笑顔で大ブレークを予感させる飯豊まりえ
Photo By スポニチ

 モデルで女優の飯豊まりえ(19)が7月スタートのドラマに主役とヒロインで掛け持ち出演することになった。TBS系「マジで航海してます。」(4日スタート、火曜深夜1・28)で航海士を目指す主人公の大学生を、テレビ東京「居酒屋ふじ」(土曜深夜0・20)では主人公と引かれ合う会社員を演じる。

 主役とヒロインの掛け持ちは、篠原涼子(43)が04年にフジテレビ系「アットホーム・ダッド」でヒロインを、日本テレビ「光とともに…〜自閉症児を抱えて〜」で主演を務めたケースはあるが、民放関係者は「極めて珍しい」と説明。圧倒的な透明感で人気急上昇中の飯豊の元に出演オファーが相次いでおり「どちらのドラマも心温まる作品。違う顔を見てもらえることにワクワクしていますし、いろんな人に見てもらえたらうれしい」と呼びかけた。

 「マジで…」は武田玲奈(19)とダブル主演。民放の連ドラに主演するのは初めて。空気が読めない天然なキャラで、叱られてもくじけない実直な大学生を演じる。丸山博雄プロデューサーは「明るさとおおらかさの奥に芯の強さも感じさせる雰囲気が主人公像にマッチしました」と起用理由を説明した。

 一方の「居酒屋…」は、役者を目指す永山絢斗(28)演じる主人公を好きになる会社員役。倉地雄大プロデューサーは「どんな役にでもなれる演技力と透明感に加え、バラエティー番組などで見せるアドリブ力が必須だと思い、オファーしました」と明かした。

 飯豊は08年にモデルデビューし、14年に女優業を本格化させた。昨年は日本テレビのドラマ「MARS〜ただ、君を愛してる〜」でヒロインを演じ、今年も映画「暗黒女子」に主演するなど存在感を発揮している。「居酒屋ふじで初めて職業のある役を演じたり、役を通じていろんなことを学んでいます。これからもいろんな役に挑戦したい」。飯豊が、女優としてどんな色を付けていくのか楽しみだ。

 ◆飯豊(いいとよ)まりえ 1998年(平10)1月5日、千葉県生まれの19歳。08年に「avex kids×ニコ☆プチ公開モデルオーディション」でグランプリ。同12月にティーン誌「ニコ☆プチ」の専属モデルに。現在は「セブンティーン」の専属モデル。13年4月、フジテレビ系ドラマ「幽かな彼女」で女優デビュー。今年4月公開の映画「暗黒女子」は清水富美加とダブル主演。血液型B。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2017年5月31日のニュース