神田沙也加 新婚生活は「楽しい 独りじゃないという思いで稽古場や劇場にも行ける」

[ 2017年5月31日 17:08 ]

大阪市内で会見した神田沙也加(右)と吉柳咲良
Photo By スポニチ

 歌手で女優の神田沙也加(30)が31日、大阪市内で出演ミュージカル「ピーターパン」(8月12、13日・梅田芸術劇場)の合同取材会に参加した。

 左手の薬指に輝くリング。結婚を祝福され、「ありがとうございます」と満面の笑みを浮かべた。俳優・村田充(39)との新婚生活について「楽しいですね。家族が増えるのはとても心強く、独りじゃないという思いで稽古場や劇場にも行ける」と、充実ぶりをアピールした。

 2009年から3年間演じたウェンディ役を6年ぶりに演じることになった。ピーターパンと共にネバーランドを旅し、ツインテールにネグリジェの衣装がおなじみの少女役。夫の村田に「似合うかな?」と不安を吐露したといい、「“きっと大丈夫だよ”と励ましてくれました」とのろけた。

 友人の子どもとふれ合うことで少女の役作りをする計画を明かし、「自分の子ども?いつか欲しいですね」と目を輝かせた。

 また、10代目ピーターパンに同ミュージカル史上最年少で抜てきされた吉柳咲良(13)も出席。過去には榊原郁恵(58)や高畑充希(25)らが務めた大役に、「歴史を背負ってやるのは重大」と語ったが、「今までピーターパンを見てきた方をがっかりさせたくない。やると決まったからには全力でやります」と力強く誓った。神田との共演には、「ミュージカル界のスターと同じ作品ができるなんて信じられない」と感激していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2017年5月31日のニュース